プリザーブドフラワーの花材は種類が多くアレンジイメージも自在

プリザーブドフラワーの花材人気ナンバー1といえばバラになりますが、メーカーやブランドによって高級感の漂うものから、かわいらしいミニバラまで、その表情はさまざまです。
近年はバラのほかにも主役となるような花が増えてきていて、和風なキクのイメージを一変させた可憐なピンポンマムや赤だけでなく色数も豊富で花弁が散りにくく傷つきにくいのでアレンジがしやすいカーネーション、清楚なイメージのカトレアや1輪でも美しいコチョウラン、そしてジャスミンなどの小花も人気を集めています。
また、グリーンもアジアンタムなど生花では扱いにくかったものなどが加わり種類が豊富でアレンジを引き締める名わき役として大活躍する花材です。
代表的なバラはサイズ展開も豊富になっています。
同じバラでも大輪からミニバラまで用意されていて、大きなものは花径10センチから小さなものは花径1.4センチまでサイズも多彩ですので、小さなアレンジからインパクトのあるものまで、自由に作ることができるのです。

プリザーブドフラワーの花材の取り扱いとメンテナンス方法

プリザーブドフラワーは繊細でちょっと触れただけでも花を傷つけてしまう場合もあるのです。
箱入りの花材は花を包んでいる紙ごと箱から取り出し、紙をそっと開いて花材の下のほうを持って紙からだして花弁をつまんで引っ張らないように取り出します。
カップ入りのものは箱から取り出しカップの下から出た茎に挿してある虫ピンをはずしますがこのピン穴はワイヤリングに使うことが可能です。
花弁の先端には触れないように手でふんわりと包むようにして花材を取り出すのがポイントになります。
プリザーブドフラワーのアレンンジの際には、花の下にグリーンをあしらうと、クッション代わりになるので傷つきにくくなるのです。
リースなどをつくるときには、ついメインのものから挿してしまいがちですが、ベースにグリーンなどをサブのものをさす際に、メインの花の花弁が傷ついてしまうこともあるので、ベースを整えてからさしていきます。
また、プリザーブドフラワーの強度をアップさせるためのコーティング剤の使用は花を守ってくれるだけでなく、生花に近い質感にすることも可能です。

Valuable information



最終更新日:2020/8/26

$q." -rt","count" => 3,);//←※リツイートを除く。表示件数:3件。 echo "
\n"; echo "

『".$q."』 最新ツイート

\n\n"; $results = search($query); foreach ($results->statuses as $result) { echo "

\n" . "
\n

@" . $result->user->screen_name . "

\n" . "

" . $result->text . "

\n" . "

" . convert_to_fuzzy_time($result->created_at) . " - \n". date('Y年m月d日',strtotime($result->created_at)) . "

\n" . "
\n
\n
\n\n"; } echo "
\n\n"; ?>

このページの先頭へ▲